コンパウンドの押し手の位置は?

リカーブのグリップは手の形にフィットするような形になっているので、ピボットの位置さえあっていればある程度いい感じで押せますよね。
でもコンパウンドはグリップが細くて、直線的なので押す場所がバラバラに不安定になりがちです。

私はわりと標準的な押し方をしているつもりなので、自分のを良い例として紹介します笑

手のひらの赤くなっている部分が、グリップに触れている部分です。


わかりやすいように色を付けてみました。

 

コンパウンドで重要なのは、手首から支える感覚です。
そのためにも、赤丸で囲ってある部分には触れないようにしています。
この部分で押してしまうと、力が変な方向に加わり、グリップをひねったような押し方になってしまいます。
逆に赤丸から遠ざかってしまうと、力が逃げてしまいます。

しっかり手首から支えるためのポイントは、手のひらの中心をグリップの左端に合わせる事です。

この写真のように手を内側に曲げるとできる、青い点で示した場所が中心です。
1枚めや2枚めの写真を見てみると、ちょうど青い点の部分がグリップの端にきていますね。

 

何日か前のブログでも書きましたが、コンパウンドはリリーサーを使うことで引手の精度は自然と高まっています。
それなのにグリップはリカーブに比べてシンプルな形をしています。
ですのでより一層、押す場所や押し方を意識していかないといけませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top