スコープの使い方

70メートルや50メートルも離れると、矢がどこに当たったのか見るためにスコープが必要になります。
学生であれば、学校の備品を使う事も多いでしょう。
今回はスコープを使う時にどんなことを意識したらいいのかを紹介します。

 

覗いて終わりにしない
スコープを、どこに当たったのかを見るだけの道具にしてはいけません。
私はスコープとは、ミスの原因を特定するための道具だと考えています。
今射った矢がどこにミスしたのかを見て、自分のフォームと照らし合わせて、次の射を10点に入れるために使います。

たまに10点の線に触れているかどうかを気にしてスコープを見る人がいますが、そんなことをする必要はありません。
大体どのあたりにミスをしたかが分かれば、次の射で修正できますからね。
ですので、スコープもそんなに高価なものは必要ありません。

私は今、一番安いハンディアイスコープを使っています。
50メートルならこれで十分判別可能ですしね。
ただ70メートルで、4人の選手で同的する時はちょっと頼りないとは思うので、リカーブの方はもう少し良いスコープの方がいいでしょう。

 

決まったタイミングで覗く
アーチェリーの理想は、ブザーが鳴ってウェイティングラインを越えてから、射ち終わってシューティングラインから出るまでの流れ全てをルーティン化することです。
ですので、スコープを覗く行為もルーティンに組み込むのが正解です。

毎射ごとに覗くのか、2射ごとに除くのか決めておくという事ですね。
2射ごとであれば、2本とも10点と分かっていても覗きますし、1本目がミスだったとしても2本射ち終わるまで覗きません。

ただ、ほんとにどこに行ったか分からないようなミスが出た場合は、1本目でも覗いた方がいいです。
もしそれがサイト間違いや弓のトラブルだった場合に、1本無駄にしますからね。
そういう場合はルーティンを崩してでも、覗いた方が被害を最小限に抑えられます。

 

 

スコープは使い方次第でプラスにもマイナスにもなります。
単に的中を見るだけだと、調子が良ければ緊張しますし、悪ければ焦りが出ます。
そうなるとプラスにはなりませんよね。
でも賢く使えば、プラスになるので今一度使い方を見直してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です