リリースが緩むのを防ぐには

リカーブアーチャーのほとんどの人がリリースの浮きや、緩みに対して悩んだことがあるでしょう。
スコアが低い人は大抵リリースが浮いたり緩んだりしています。
逆にレベルの高い人でリリースが浮く人はいません。
それだけ需要度の高いポイントであり、正しい練習をして緩みにくいフォームを身につければそれだけで点数はアップします!
今回はリリースが緩まないようにする方法を紹介していきます。

まずリリースが緩む原因についてです。
原因は一つではありませんが、主に考えられるのは以下の通りです。
・筋力が足りない
・矢筋が通っていない
・しっかり引き込めていない
・クリッカーを意識しすぎている
挙げ出したらきりがありませんが、共通しているのは意識が前の方や的の方に行っているという事です。
狙いこみすぎて矢筋が通らなかったり、クリッカーを必要以上に意識してしまったり、全て体の前側に意識が行ってしまってるのです。
リリースが浮かないように引き手を首に押さえつけるような意識をするのも間違いです。

つまり背中を意識して、大きく射つイメージを持つ必要があるのです。
リリースが緩まないように意識するのではなく、背中を意識した結果リリースが緩まなくなった、というフォームを目指しましょう。

また、意識だけでは治らない人は、引き尺が短い可能性や、ポンドが強すぎる可能性があります。
まず引き尺が短い人は、クリッカーを中に入れてしっかり引き込むようにしましょう。
アンカーに入れる瞬間にクリッカーをチラッと見て、どれだけ引き込めているか確認するのも良いでしょう。
目安はポイントの先から5ミリ位のとこまで引き込んでください。
そこまで引き込めれば、少し伸びるだけで射てるはずです。

それらの方法を試してみても高価がない場合は、ポンドが強すぎる可能性があります。
自分の筋力に見合ったポンドではないので、リリースの瞬間に引き手を持っていかれるのです。
そういう場合は思い切ってポンドを下げてみて、正しいリリースを習得してからポンドを元に戻しましょう。
ゴムチューブなどでリリースの練習をするのもおすすめです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top