レンズは何倍がいい?(コンパウンド)

コンパウンドではサイトに倍率の付いたレンズを使用することができます。
4倍、6倍、8倍の3種類が一般的ですが、2倍や中には10倍を超える倍率のものもあります。
今回は何倍のレンズを使えば良いのかを紹介していきます!

選び方

基本的に倍率を上げると、見かけ上のサイトのブレは大きくなります。
実際にはどんな倍率のレンズを使ってもブレている距離は変わりませんが、それを感じやすくなるということですね。
ブレが大きくなると、より中心を狙おうとしてエイミングが長くなったり、フォームが小さくなります。
その代わりより精密に狙うことができるので、ブレが少ない人であれば高い倍率を使うほうが良いでしょう。

要するにサイトのブレという欠点と、精密に狙える利点を天秤にかけて選ぶということですね。
もっと簡単に言うと、タイミングがずれたりフォームが小さくなったりしない中で、最も倍率が高いものを使うということです。

また、競技によっても変える場合があります。
フィールドのアンマークドで、距離読みをする時に倍率が高すぎると距離の判別をしにくいことがあります。
私は8倍では判別できなかったので、6倍か4倍に落とそうと思っています。

インドアでも、倍率が高いと的がスコープ一杯に広がってしまい、どの的を狙っているのか分からなくなる場合があります。
最悪の場合的間違いをする恐れがあるので、慣れない内は倍率の小さいものが良いでしょう。

ではこれからそれぞれの倍率の特徴を簡単に説明します。
ただ、サイトの見え方は引き尺によって変わってきます。(サイトのエクステンションの長さも関係あります)
引き尺が長いほど同じ倍率のレンズでも、大きく見えます。
ここで書くのは引き尺が27インチくらいの人を基準にします。

・4倍
初心者やリカーブから転向したばかりの人は4倍を使うのをおすすめします。
最初はサイトのブレが大きいので、あまり高い倍率のものを使うと狙うことに集中しすぎてしまう恐れがあります。
それよりまずはフォームを意識していく必要があるので、自然に狙える4倍、もしくは2倍を使うといいでしょう。

・6倍
これが一番使用者の多い倍率です。
フィールドの距離読みでも苦戦しませんし、インドアでも程よい大きさに見えます。

・8倍
ターゲットでは使用者が多い倍率です。
私も今は8倍を使っています。
より精密に狙える反面、ブレが大きいので一度気になり始めると射てなくなる事があります。

レンズの倍率は高いほうが良いという物ではありません。
私はコンパウンドを初めて半年くらいで、高い倍率に憧れて8倍を買いました。
その時からずっと8倍を使っていますが、最近6倍に落とそうと考えています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top