久しぶりのコンパウンド

ここ1か月ほどリカーブの練習に集中していたので、コンパウンドは触っていませんでした。
今日は久しぶりにコンパウンドを射ってみて、感じた事を書いていこうと思います。

 

顔向け
リカーブでは顔向けの重要性が高いので、結構意識して練習していました。
その感覚のままコンパウンド射ってみると、今までかなり顔の位置がずれていたのが分かりました。

今まではアンカーに入れるときに、顔が少し動いていたのですが、今日の練習では顔が動かない分アンカーに入れにくかったのです。
今までのコンパウンドでも顔向けを意識していなかったわけではありませんが、不十分でしたね。
新たなポイントが見つかったので、これは良しとしておきましょう。

 

タイミング
9月くらいからタイミングを一定にする練習をしていました。
1か月前の時点では完成度で言うと、5割くらいだったのですが、今日は2割くらいまで後退していました…
もしかしたら寒さの影響もあるかもしれませんが、人差し指が思うように動きません。

来年のターゲットシーズンに向けてフォームを作っていくつもりでしたが、少し遠回りになってしまいました。

 

 

社会人だと多少練習の間が開くのは仕方ないことだと思います。
ただ、やはり1か月開けてしまうと悪影響があります。
私はその間リカーブを練習していたので体力の低下はありませんでしたが、1か月休んでしまうと体力も落ちます。
練習できる日は、なるべく練習したいものですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top