今年一年を振り返って

今日で2018年が終わりますね。
今年は私にとって大きな転換期となる年でした。

選手として
まず選手としては、春に初めてコンパウンドでフィールドに参戦しました。
練習1回だけで、いきなりアンマークドに参戦して痛い目に合いましたが笑
そして全日本社会人に出場することができましたが、結果は予選落ちで思うようにはいきませんでした。

また、ターゲットではフォーム改造に取り組み、今までとは全く違う射型になりました。
まだ思うようなスコアは出ていませんが、来年はベストを出す予定です笑

そして11月には4年ぶりにリカーブも再開しました。
30金の次にMを射ったりするなど、まだまだ練習不足で安定感がありません。

選手としてはこんな感じで、色んなことに挑戦してきた年ですね。
結果はあまり良くなかったですが、今年がスタートの年と考えて、来年から結果を出していきたいです。

 

事業として
アシストアーチェリーとしても今年は大きな転換点でした。
今までの5年間はNPO法人アシストアーチェリーとして、細々と事業を行っていました。
その間に様々な方に利用していただいて、ほんとに感謝です。

そして今年、弟とともに新たに株式会社アシストロードを立ち上げ、事業を拡大していくことにしました。
本格的に事業がスタートするのは2月からで、今はそれに向けて毎日準備に取り組んでいます。
今までは中古用品だけでしたが、次は新品も取り扱いしますし、アーチェリー教室や体験会などを開催する予定もあります。

 

今年も残すところ数十分となりました。
これからもアシストアーチェリーをよろしくお願いします!
では皆様よいお年を!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top