当たることを信じ続ける

アーチェリーはメンタルが非常に重要なスポーツです。
引いている最中に一瞬でも悪いイメージや、外れる予感がすると、その通りになってしまいます。
逆に、常に10点に当たるイメージを持ち続けられれば、スコアがアップする要因にもなります。
今回は、どうやったら当たるイメージを持ち続けられるのか、コツや練習方法の例を紹介していきます。

悪い予感がしたら引き戻す
日頃からイメージトレーニングをして、メンタルの強化をしていても、ふとした瞬間に悪いイメージが浮かんだり、外れる予感がしたりすることがあります。
そういう時は無理やり射つのではなく、引き戻して仕切り直してください。
引き戻した後は、一呼吸おいてから、いつものルーティンに入るようにしましょう。
これは練習でも同じです。
練習ではそういう状況でも射ってしまう人が多いと思いますが、それではいい練習にはなりません。

 

射つ前に良いイメージをする
これは私が以前行っていた方法です。
セットアップに入る前に、「自分がきれいなフォームで射って10点に入る」状況をイメージするというものです。
もしその中で悪いイメージが浮かんだりした場合は、仕切り直してから満足行くイメージができるまで繰り返します。
これを1本のルーティンの中に組み込みます。

なぜ今は止めたのかというと、単純に時間がかかりすぎるからです。
しっかりイメージしようとすると1本射つのに、2本分くらいの時間がかかるので試合では通用しません笑
ただ、練習でやってみると1本1本を丁寧に射つ事ができるので、1回やってみてはいかがでしょう。

 

日々のイメージトレーニング
イメージトレーニングについては様々な研究がされていて、科学的にも効果が実証されています。
これについて詳しく書くと1回の記事では収まらないので、今回は簡単に紹介します。

簡単に言うと、先程書いたように、「自分がきれいなフォームで射って10点に入る」状況を普段の空いた時間などでイメージするという事です。
また、自分が大会で優勝したり、自己ベストを更新したりしている状況をイメージするのも効果的です。
そうして日頃からイメージしていると、その通りになっていくという事です。
寝る前に考えていたことは忘れにくいと言われているので、私は寝る前には必ず行います笑

 

私も日頃からこういったイメージトレーニングは行っていますし、その効果も実感しています。
良いイメージができると当たり、逆に悪いイメージが出てきてしまうと外れます。
脳が体に命令を送っているので、その脳でイメージしていることが体に現れるのは当然かもしれませんね。

明日は奈良のインドア記録会に行ってきます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top