アーチェリーとは

アシストアーチェリーはこれからアーチェリーを始める人や、少しでも興味のある人に、よりアーチェリーを身近に感じて頂く事を目的に始めました。
ですので、今日はアーチェリーとはどんな競技なのか簡単に紹介したいと思います。

一口にアーチェリーと言っても、その中で何種類かの競技に分かれています。

まず、日本で一番競技人口が多く、オリンピックの正式種目にもなっているのが「リカーブ」です。

弓の上下にある曲がる部分が反り返っていて、手で弦を引っ張って撃つ競技です。
弓には的を狙うためのサイトや、弓を安定させるためのスタビライザーなど、様々なパーツを取り付けることができ、自分好みにカスタマイズすることができます。

次に、日本の競技人口ではリカーブには及びませんが、ここ最近人口が増えてきて勢いが出ているのが「コンパウンド」です。

特徴的なのが、弓の上下に滑車がついていて、引けば引くほど弓が軽くなるという特殊な構造をしています。
また、リリーサーという道具で弦を引っ張るので、命中精度がリカーブよりも高いのです。
また実は世界的にみると、リカーブよりコンパウンドの方が競技人口が多いのです。
海外ではアーチェリーでハンティングができるので、それに適したコンパウンドが多いという理由もありますが。
ちなみに日本では弓を使用した狩猟は法律で禁止されているので、気を付けてください笑

最後にベアボウがあります。
弓のベースはリカーブですが、サイトやスタビライザーなどのパーツを取り付けることができません。
弓道のように裸の弓だけで競技をするので、アーチャー(アーチェリーをしている人のことをアーチャーと言います)の腕が物を言う世界です。
道具でごまかすことができないので、実力がもろに出る競技だといえるでしょう。

それぞれの競技の詳しい情報はまた後日のブログで紹介します。
また、今回紹介したのは弓の種類で分けた3部門でしたが、それぞれの部門の中で季節によって行う競技が違ったりします。
それも追々紹介していきたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top