他の人の弓にぶつけてしまったら?

インドアではシューティングラインに並んだ時、人と人との間隔が狭いのでたまに隣の人に弓をぶつけてしまう事があります。
もしその人がエイミング中で、ぶつけたことによってMを射ってしまった場合、どうなるのでしょう?

もしぶつけられた側だったとしたら、意図しないアクシデントなので、射ち直ししたいところですよね。
ぶつけた側にしても、申し訳ないので無かったことにしたいはずです。

ですがルール上射ち直しすることはできません。
残念ながら、そのまま1本Mとして処理します。

理由は、どの矢がぶつけられてミスしたのか判断できないからです。
今回の例はMですが、もしぶつけられたのが7点で8,7,7と刺さっていたらどうでしょう?
どれか分かりませんよね。

もし意図的にぶつけたのであれば、ぶつけた側が何らかのペナルティを受けることになります。
でもたとえ意図的にぶつけられたとしても、ぶつけられた側が救済される訳ではありません。

意図的にぶつける人はいませんが、ミスした瞬間に思わず弓を振ってしまうことはあります。
でもそれで他人の邪魔をしてしまうと、相手に迷惑をかける事になりますし、自分も罪悪感を感じなければなりません。
もしその相手が自己新や全国大会出場の点を狙っていたりしたら、取り返しがつきません。

ですので周りを見て、なるべく弓を振らないようにしましょう。
周りの邪魔をしないのもアーチェリーのマナーです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top