射つ前にサイトを確認する

数年前にルールが変わり、ターゲットでは70Mしか射たなくなりましたね。
ですのでフィールドや特殊な試合を除いて、試合中にサイトを間違えるという事はなくなりました。

 

しかしルールが変わる前、シングルラウンドを射っていた時は90M、70M、50M、30Mと36射づつ行っていました。
なので、途中でサイトを変え忘れたり10目盛り間違えたりというミスが結構ありました。

 

私も試合で1度やらかしたことがあります。
しかもロング終了時で自己ベスト更新が確実と言えるほど調子が良かったのに、50Mの1本目でサイトを10目盛り間違えてMでした。
その後、心が折れて50M30Mがぼろぼろになり、ロングとショートの点が入れ替わるという、異次元の点数を出しました笑
確かロングが610かそこらで、ショートは600点くらいだったと思います笑
本来なら1本Mでも、それ以外を普通のペースで射てば自己新くらいは余裕だったのですが、まだ高校2年生でメンタルが弱かったですね。

 

 

今は試合中は心配いりませんが、練習中には気を付けないといけません。
異なる距離を射たない事に慣れてしまって、近射から距離に行った時、チューニングのために30Mを射っていた時などに、サイトを変え忘れることがあります。
10目盛り間違えるくらいならなんとか畳に乗るかもしれませんが、20M分間違えてしまうと確実に後ろに飛ぶか、地面に刺さります。

それにこれからインドアからターゲットに練習を移す方も多いでしょう。
うっかり18Mのサイトで射ってしまうと地面に刺さってしまいます。

 

実は私も数日前の練習中に変え忘れそうになりました。
セットアップする直前に気づいたので良かったですが、そのまま射っていれば矢を失うとこでした笑
リカーブだったので確実に的には乗らないですしね。

 

こればっかりは自分で気を付けるしかありません。
「距離を変える時はサイトも変える」というのを忘れないようにして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です