グルーピングを中心に合わせる

初心者に多いミスの一つに、グルーピングの大小は関係なく、それが10点からズレている事が挙げられます。
要はサイトを合わせきれてないという事ですね。
ギリギリ10点に入らないところにグルーピングしていたりすると、サイトを少し変えるだけで全部10点に入るのにもったいないですよね。
理想は「これ以上サイトの動かしようがない状態」です。

 

トップ画像は私の昨日の練習で使用した的紙で、新品の状態から200射ほど射ったあとです。(5点や6点を射ってるのは見ないでください笑)
よく見ると、少しグルーピングが左にズレていますよね。
全体的にあと1センチ右にスライドさせると、今右9点にある矢がギリギリ9点に収まり、左8点の矢がギリギリ9点に入ります。
スライドさせることで10点から出てしまう矢と、10点に入る矢は大体同じでしょう。
そうすると3〜4点は伸びそうですよね。

サイトをあと1クリック左に出すだけでその点が手に入ると考えると、もったいないですよね。
200射で4点変わるとしたら、72射では1〜2点ほど上がる計算になります。
射型の精度で2点上げるより、サイトを1クリック回す方が簡単ですよね。

 

ではどうやったらグルーピングを中心に持っていけるのでしょうか。
まずグルーピングがズレる原因で多いのが、同じ方向に連続でミスしているのに、それをミスだからと言ってサイトを変えない事です。
例えば「ずっと左8点にミスしていますが、良い射はXに入る」という状態だとします。
良い射がど真ん中に当たるのは気持ちいいので、ついついそのまま射ってしまいがちです。
ですがそんな時は、良い射が右10点に収まる範囲で、サイトを少し左に動かしましょう。
良い射が右に当たるので気持ち悪くなりますが、その方が点は上がります。
もし左のミスが無くなってきたらサイトを戻せばいいだけですしね。

次に、毎エンド矢取りが終わったあとに的を見て、ズレていないか確認しましょう。
そこでズレていることに気づいたら、サイトを動かして調整します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。