トリガー式リリーサーの使い方

昨日に引き続き、今回はトリガー式リリーサーの使い方を紹介していきます。

トリガー式は単純にトリガーと呼ばれる引き金を、押したり引いたりして射つリリーサーです。
トリガーを押せば射てるので、初心者の方でも簡単に扱うことができます。
とは言っても初心者用という訳ではなく、世界のトップ選手でも人気が高いです。

 

ただ、単純にトリガーを押して射ってしまうと、手首に力が入ったりしてリリースが爆発する原因になります。
それに親指の力加減でタイミングが変わってしまうので、合わせにくいというデメリットもあります。

 

ではどうやって射てば良いのでしょうか。
まず、トリガーを押すという事を忘れる必要があります。
昨日も書きましたが、トリガーを押すというのは力を入れて射つ方法なのであまり良くありません

ですのでトリガーに親指を引っ掛けて、リカーブで言う伸びるイメージで手首の力を抜いていきます
リカーブ未経験の方は、アンカリングした後も押し手は的方向に、引手はその反対側に引き続けるイメージを持って下さい。

すると自然に指が内側に集まるので、トリガーが勝手に押し込まれて射てます。
そうすることで、リリースがきれいに、なおかつ一定にすることができるのです。

 

 

この方法をマスターするのは結構大変で、トリガーを押す癖がついてからだと中々直すことができません
私もトリガーを押す癖がついてしまっていたので、かなり苦労しました。
ですので、トリガーをこれから使ってみたいという方は最初からこの方法を試してみて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top