目線の大切さ

今日は目線の大切さについて書いていきたいと思います。

みなさんはセットアップからフォーロースルーまで、ずっと的を見れていますか?
よくドローイング中に的ではなく、弓や押し手を見ている方がいますが、あまり良くありません。

弓や押し手、サイトなどは引く動作の中で、目の前で動いている物体です。
すると本能的にそれらを見てしまいがちになりますが、これは早急に治すべきなのです。

 

まず人間は目線の方に体が動くように出来ています。
例えばまっすぐ歩いていても、顔を横に向けると自然にそっちの方に曲がっていきます。

ということはドローイング中に弓やグリップを見てしまうと、そっちの方に顔が動くということです。
するとフォームが小さくなり、クリッカーが切れない原因になったりします。

 

またフォーロースルーの時に目線が動くのもいけません。
リリースまでは気をつけて的を見ていても、射った瞬間に気が緩んで、違うところを見てしまいがちになります。
押し手や引き手など、目線以外の部分はしっかり残っているのに、目線だけ動いていたらもったいないでからね。

 

それにコンパウンドだと、ピープが目の前に現れますし、スコープで倍率が変わるタイミングで目線をそらしやすいです。
これは場合によっては的間違いの原因にもなるので注意しましょう。

 

目線はリリースやグリップとは違い、意識さえすれば誰でも直せるポイントです。
セットアップの前に、顔の向きを決めて、目線はずっと10点を見るようにしましょう。

「目線の大切さ」に2件のコメントがあります

    1. 神 省吾

      ありがとうございます!
      ちょっとウイルスにやられてしまったみたいで笑

      今後もよろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top