顔で弦を迎えに行かない

様々な人の射型を見ていると、アンカーに入れる瞬間に顔が的の方に動いている人が多いです。
弦が顔に付くのを待てずに、顔の方から弦を迎えに行ってしまっている状態ですね。
これになっている人で上手い人はほとんどいません。
ちゃんと引き込んでから、アンカーをフィットさせるために顔を動かしている選手は別ですが。

 

迎えに行ってしまうと、射型が全体的に小さくなります。
その結果矢筋が通らず、リリースが緩んだり押してが流れたりするのです。

この状態は自分では分かりにくいです。
例えばリリースが緩んだり、押してがぶれたりするのは射っていて自分で気づくことができます。
ですが迎えに行くのは、動きがゆっくりで自分の目では見えないので、気付けない事が多いのです。
ですので他の人に見てもらったり、動画を撮ってもらったりしましょう。

 

私は今リカーブを再開して練習中ですが、この顔向けの精度がかなり落ちたと感じています。
コンパウンドではピープがあるので顔向けを意識しなくても当たります。
ですがリカーブではこの顔向けがピープの代わりになると、改めてその重要性を感じました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top