帽子を被りましょう

最近、アーチェリーをする時は帽子を被るようにしています。
たとえ曇りの日でも欠かしません

 

アーチェリーで使われる帽子にはキャップタイプと、ハットタイプの2種類があります。

私が被っているのはキャップタイプの帽子になります。
ハットに比べてつばが大きく、光が入ってこないのが良いですね。

ただキャップは人によって、弦と当たる場合があるので注意してください。
中にはつばを一部分だけ切ったり、折ったりして使っている方もいるみたいですが。

 

 

今は帽子が手放せませんが、実は帽子を被り始めたのはここ数年の事です。
それまでは何も被っていませんでした。

特に帽子自体が嫌いなわけではありませんでしたが、窮屈ですし、特に必要ないと思っていたんですね。
食わず嫌いならぬ、被らず嫌いでした

 

ところがゴルフの時に帽子を被り、その快適さに気づきました。(ゴルフは帽子を被るのがマナーなので、被るしかありませんでした)
暑さが軽減されますし、眩しくもありませんからね。

それ以来、アーチェリーでも帽子を被るようにしています。
帽子を被っていない方、持っていない方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top