一箇所ずつ変化を加える

チューニングやセッティング、道具などは、一気に2箇所以上変えてはいけません
例えばウェイトのバランスを変えたのと同時に、タブを変えたりする事です。

 

一気に2箇所以上の変化を加えてしまうと、正しい評価ができません
どちらの変化が、どういう結果をもたらしたのかが分からないという事ですね。

上の例の変化を加えた結果、グルーピングが良くなったとします。
でも、一気に変えてしまうと、ウェイトバランスのおかげなのか、タブを変えたことが功を奏したのか、わかりませんよね。

まだ、結果が良くなったならそのままにしておけば良いですが、結果が悪かった時はどちらに原因があったのか切り分ける必要があります。
すると、どちらかを初期状態に戻して、評価し直すという手間がかかってしまいます。

 

ですので、ウェイトバランスを変えて何エンドか射ってみて、その変化に対する評価をしてから、タブを変えてください。
ウェイトバランスを変えた時点で良くなったなら、タブを変えてみてもいいでしょう。
ウェイトバランスの時点で悪い結果が出たのなら、ウェイトをもとに戻してからタブを試してください。

 

特に新しい道具をいくつかまとめ買いした時なんかは、一気に道具を入れ替えたいところですよね。
私もついつい、2個以上の道具を一気に交換してしまいがちになります。

ですがそういうときも、必ず1個ずつ入れ替えて、パーツごとの評価をしましょう。

しい道具新に交換したらしばらく射ってみる。」、「ウェイトの枚数を変えたら何エンドか射ってみる。」というのを忘れないように。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top