体を壊さないように

スポーツで気をつけないといけないのが、体の故障です。
有名なスポーツ選手でも、体を壊してしまって長期間復帰できないという例は多いですね。

優秀な指導者がいる選手でも壊してしまう事があるということは、知識や指導が不足している人たちはもっと気をつけるべきです。

 

私も2ヶ月ほど前にトレーニングで膝を痛めてしまい、まだ完治していません
もう痛みなどはないのですが、治りかけで油断してしまうと再発する可能性が高いそうです。
あともう少し整骨院に通う必要がありますね。

まだアーチェリーに対してはそんなに影響のない部位だから良かったです笑

ところでアーチェリーで1番壊しやすいのは、でしょう。
負荷が集中しますし、引く動作の中で大きく稼働しますので。

そして、体の中で1番治りにくい部位でもあります。
肩はあらゆる関節の中で、可動域が1番広いです。
その分、様々な筋肉が複雑に付いているからですね。

1番壊しやすいのに、一番治りにくいとは、厄介ですね笑

 

ちなみに私の父も1年前に肩を壊して、まだ治っていません。
毎週のように整骨院に通っていますが、それでもかなり時間がかかっています。

父の場合は、痛めてからすぐに治療をせず、症状が悪化するまで放置していたのが失敗だったみたいです。
すぐに整骨院に行き、治療を開始すればもっと早くに治っているはずです。

みなさんも、体に異変を感じたら、早めに専門家に診てもらうことをおすすめします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top