【オリジナル商品】ボウスリングの使い方

現在市販されているボウスリングは以下のようなタイプがあります。
人差し指〜親指に装着する、フィンガースリング
手首〜手首に装着する、リストタイプ
弓に取り付けて手首を通す、リストスリング(コンパウンド用)

この分け方で言うと、オリジナルボウスリングはどれにも当てはまりません。
オリジナルは、手首〜親指に装着するからです。

それぞれの利点や、オリジナルの優れた点については次回のブログで解説したいと思います。

 

ちょっと特殊なので、今回はオリジナルボウスリングの使い方を解説します。

①商品はこのように、輪っかから紐が出ているような形になっています。

 

②輪っか部分に手首を通し、出ている紐を引っ張ります。
紐を引っ張ると輪っかが縮まるようになっていて、手首にしっかり巻きつくようにします。

 

③紐を人差し指と中指の間に通します。

 

④弓を持ってから、右手で画像のような輪を作ります。(画像では弓は持ってません)
靴紐などをフィンガースリングにする場合と同じやり方です。

まず右手の親指と人差し指を紐の中に入れます。

そして指を広げながら、上向きにクルッとひねります。

再び親指と人差し指をくっつけて、2重の輪っかを作ります。

その輪っかを親指に着けると完了です。

慣れれば3秒で着けられるので簡単ですよ。

弓を持った時のイメージはこんな感じです。

 

カラーバリエーションも決まってきました。
発売はもうすぐですので、日が決まったらアナウンスします!

次回はNPOのブログを更新します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top