アーチェリー体験会

甲賀市土山町の室内運動場でアーチェリー体験会を開催します。
(アーチェリー教室と同じ場所です)

実射重視の体験会で、約 50本 射てます!

体験会 申し込み 教室 申し込み 3月26日の体験会 3月28日の体験会 3月31日の体験会 4月6日の体験会

開催日時

春休みの体験会では、30名以上にご参加いただきました。
好評につき、定期的に体験会を実施します!

4月 27日(土)   9 : 30 ~ 11 : 30
4月 28日(日) 14 : 00 ~ 16 : 00
4月 30日(火) 14 : 00 ~ 16 : 00
5月   2日(木) 14 : 00 ~ 16 : 00

6月 1日(土)   9 : 30 ~ 11 : 30
6月 2日(日) 14 : 00 ~ 16 : 00
6月 8日(土)   9 : 30 ~ 11 : 30

定員は各8名です。
お早めにご予約ください。

参加費

  • 高校生以上  1回  1,500 円
  • 小中学生  1回  1,000 円

(税、スポーツ保険料込み)

場所 甲賀市土山室内運動場(土山体育館横)
住所 滋賀県甲賀市土山町北土山414-2
電話 0748 – 66 – 0091

ゲートボール、グラウンドゴルフ、フットサルなどができる「砂入り人工芝」です。土足で入れますので、アーチェリーには最適の環境です。

Google Map
  • 対象 小学生以上の未経験者、初心者
  • 種目 リカーブ、コンパウンド

小学生、中学生、高校生はリカーブのみ。
大学生以上はリカーブ、コンパウンドのいずれかを選択していただきます。

道具はこちらで用意します。
当日は動きやすい服装でお越しください。

アーチェリーは老若男女問わず楽しめる競技ですので、ご年配の方も大歓迎です。
ご家族での体験もお待ちしております!

主催 NPO法人アシストアーチェリー

体験会 申し込み 教室 申し込み

体験会の流れ

まずは資料を見ながら簡単な説明を行います。アーチェリーは他の選手と接触せず、激しい動きもしないので、マナーを守れば安全なスポーツです。ただし、使い方を間違えれば危険ですので、安全上の注意を行います。

矢をセットしない状態で弓を引き、簡単にフォームを指導します。
(素引き)

素引きに慣れてきたら、実際に近い距離を射ってみます。まずは絶対に的から外れない距離です。

近い距離に慣れてきたら、少しずつ距離を伸ばします。一列に並んで射ちます。
(参加者が多ければ的の数を増やします)

小学生(高学年)なら、これくらいの距離まで射てます。
大人でも十分に楽しめる距離です!

大人で筋力がある方なら、これくらいの距離まで射てます。

コンパウンドなら、もう少し遠い距離まで可能です。

射つ距離は年齢、体格によって違いますが、近い距離から少し遠い距離まで、合計50本以上の実射ができるアーチェリー体験会です。
たとえ近い距離だけでも、実際に矢が的に命中する体験は新鮮と驚きで、参加者全員が「とても楽しかった!」という感想でした。

体験を終えて、アーチェリー教室に参加される方も多くいらっしゃいます。
滋賀はもちろん、全国的にもアーチェリーの体験ができる環境は少ないです。
この機会にアーチェリーを楽しんでいただき、魅力を知っていただければと思います。

アーチェリー教室

趣味や健康のために始める方からトップクラスを目指す方まで、
それぞれに合った指導を行い、楽しく目的が達成できるようにレッスンします。

レッスン 毎週4回

  • ① 17 : 30 〜 19 : 30 (2時間)
  • ② 17 : 30 〜 19 : 30 (2時間)
  • ③ 20 : 00 〜 22 : 00 (2時間)
  • ④ 13 : 30 〜 16 : 30 (3時間)
    (④は照明を使わないため3時間でも同料金)

道具 

数回以内に購入していただきます。

  • 初心者用   5 〜 10 万円 
  • 上級者用   20 〜 30 万円

必要な道具は弊社で取り扱っています。
最初の道具は無料で貸し出します。

コース・月謝

  • 小学生 週2回(月8回)
    8,000 (1回 1,000円)
  • 中高生 週2回(月8回)
    12,000 (1回 1,500円)
  • 大人 週1回(月4回)
    8,000 (1回 2,000円)
  • 大人 週2回(月8回)
    16,000 (1回 2,000円)

(税、スポーツ保険料込み)
レッスン①〜④を自由に選べます。
欠席は他の日に振り替えます。
追加レッスンは1回ごとに1回分の料金がかかります。
前月分の月謝と追加料金を月初のレッスン時にお支払いいただきます。
コース変更、退会は自由です。
公認試合に出る場合はアーチェリー連盟年会費、試合出場費、遠征費用などがかかります。

2部構成レッスン

1 . 実射、フォームや技術面の指導
2 . 道具と調整方法、ルール&マナー講座

アスリートコース、趣味コースともに、2部構成レッスンです。

アスリートコース

  • 1〜3回目 素引き、近射(2〜4m)
  • 4〜7回目 近射(5〜8m)
  • 8〜10回目 10m 実射
  • 11回目以降 18m 実射

①、② の他に、トレーニング方法を指導し、自宅で実践していただきます。
道具の知識も深く掘り下げ、矢の製作からチューニングまで1人でできるように指導していきます。
(小学校低学年、非力な方は18m実射まで時間がかかります)

趣味コース 

  • 1〜3回目  素引き、近射(2〜8m)
  • 4〜6回目  10m 実射、点取り
  • 7〜10回目 18m 実射、点取り
  • 11回目以降 18m レベルアップ

10回目を目処に、1人でも練習ができるようにします。
その後はレベルアップを目指して技術指導し、道具の知識、調整方法も指導していきます。

体験会 申し込み 教室 申し込み

NPO法人アシストアーチェリー 運営

アーチェリーについて

リカーブ

オリンピック種目。一般的にアーチェリーといえばリカーブを指す。アーチェリー教室では、高校生以下はリカーブのみです。

コンパウンド

弓の両端に滑車があるのが特徴。日本の競技人口は少なく社会人が主流。アーチェリー教室では、大学生以上はコンパウンドも選べます。

アーチェリーについては、この記事をご覧ください。

アーチェリーとは(ブログ記事)

小学生、中学生

アーチェリーは集中力、精神力が重要なスポーツですので、勉強の成績アップにつながるかも!?
私はアーチェリーを始めてから成績が良くなり、高校では学年トップになったこともあります。
(中学の成績は普通です)

また、アーチェリーの成績次第では、高校、大学にスカウトされ、スポーツ推薦で進学できる可能性が広がります。

正しい指導のもとで早くからアーチェリーを始めれば、高校生で日本トップクラスに入ることも夢ではありません!

高校生、大学生

数年前の全日本ターゲットアーチェリー選手権は、高校2年生が優勝しました。
高校生が日本一に輝いたということです。
また、大学に入ってからアーチェリーを始め、2、3年で日本代表選手になった選手もいます。

正しい指導のもとで練習を積めば、始めるのが少し遅くても日本トップクラスに入れる可能性は十分にあります。

社会人

社会人は学生と違って練習時間が限られますので、朝から晩まで何年も練習している選手に勝つのは無理があります。

しかし、まだ競技人口が少ないコンパウンドは違います。
コンパウンドは社会人が大半で、日本トップクラスの選手でも、ほとんどが週に1、2日程度の練習です。

50代、60代になっても日本トップクラスの方もおられますので、何十年も選手として活躍することができます。
コンパウンドなら、30代から始めても遅くはなく、日本トップクラスに入れる可能性は十分にあります。

趣味や健康のために

アーチェリーは、老若男女問わず楽しめる競技です。
実際に小学1年生くらいから始める方もいますし、弊社のお客様で82歳で始める方もおられます。
競技人口でいえば、トップクラスを目指すより趣味でやっている人のほうが多いです。

アーチェリーは上半身を使うのはもちろん、アウトドアなら数本ごとに50~70m先の的まで矢を取りに行きますので、かなりの距離を歩きます。
全身を使いますので、楽しみながら健康にも良いスポーツなのです。

最後に

アーチェリーは、最初に誰から指導を受けるかが重要です。

最初に間違った指導を受けて変な癖がつくと、何年たっても、その癖が取れないことがあります。
また、正しい理論で正しい指導ができる指導者は多くありません。

素質や才能が必要なスポーツではなく、正しい指導を受けて練習すれば、誰でもトップクラスに近づくことができますし、練習を積めば世界を目指すこともできます。
もちろんトップを取るのは簡単なことではありませんが、練習、競技ができる環境、正しい指導、そして本人の努力があれば十分に可能です。

趣味で続ける方も、いつも3点や5点ばかりでは面白くありません。
健康のためであっても、できれば真ん中の10点に1本でも多く当てたいものです。

2019年4月からスタートしたアーチェリー教室では、趣味や健康のために続ける方からトップクラスを目指す方まで、それぞれの目標に沿ったメニューを組み、達成できるようにします。

まずは体験会でアーチェリーの魅力、楽しさを知っていただければと思います。

体験会 申し込み 教室 申し込み