三つ目的を射つ時のポイント

初心者を除いて、多くの場合インドアでは縦三つ目的を使用します。

三つ目的では1本づつ発射角度が変わるのが特徴です。
ターゲットではずっと同じ的を狙うので、1射ごとに変わるというのは思っている以上に大きな違いでしょう。

よく上の的だけ外れるとか、真ん中の的だけ10点に当たるという話を聞くことがあると思います。
これの原因の1つが、発射角が変わることに対応できていないことにあると考えられます。

 

では、発射角が変わる時に気をつけるべきポイントとは何でしょう?
まず体のどこで角度を付けるかが重要で、結論から言うと腰で角度を変えるようにしましょう。

もし腰から上体まで固定して、肩や腕で角度を変えてしまうと射型が大きく変わってしまいます。
基本的に下的を射つ時は引き尺が短くなってタイミングが早くなり、上的を射つのはしんどくなってしまいます。

ところが上半身の形は維持したまま、腰を折って角度を変えることで、その影響を最小限に抑えることができます。
ポイントは押しと引きのバランスを一定にすることです。
下を狙うと重心が的側に移動するので、押しの方が強くなりますし、上の的だと引きの方が強くなりやすくなります。

 

その感覚を養うために、フィールドをやってみたりするのも良いでしょう。
インドアとは比べ物にならないくらい発射角が変わるので、押し引きのバランスを鍛えることができます。
それを経験した後なら、インドアを簡単に感じるかもしれません笑

 

 

明日は地元滋賀県のインドア記録会に参加します。
ちょっと最近リカーブの練習ができていないので、結果よりも楽しんでいきたいと思います笑

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top