リカーブの射型を見直します

今日から令和が始まりましたね。
世間はお祭りムードのようです。

私は元号が変わったからという訳ではありませんが、ここ数日、今後の事業展開や自分の射型、道具などについて考えていました。
事業展開については、近々正式にアナウンスしますので、今日はリカーブの射型について書きたいと思います。

 

私が4年ぶりにリカーブを再開してから、約半年になります。
進捗は正直あまり良くありません。

本来の予定なら今頃、70mで630点くらいは出ているはずだったのですが、今はせいぜい600点くらいしか出ていません。
2週間後に国体予選があるので、それまでに何とかしたいところです。

 

射型は学生時代を再現するのではなく、癖のないスタンダードな射型を目指していました。
実際、ここ最近の射型はかなりきれいになってきたと思っています。
コンパウンドのおかげで、背中の使い方や矢筋の通し方が分かってきたのも大きいでしょう。

ただ、きれいなだけで全然当たらないんですよね。
震えが止まらなくて、まともに狙えないです。

 

ということで、射型の見直しをしようと思います。
セオリー通りのきれいな射型がだめなら、究極に自己流でいってやろうという感じです笑

まだ模索中ですが、一言で言うとコンパウンド射ちです。

 

まず弓にウェイトを付けまくって、コンパウンド並に重たくします。(ウェイトの合計は25オンスくらい)
押し手は曲げて下から支えるイメージで押します。
引き手はリカーブとほぼ同じですが、矢筋が通りにくくなる分、引く方向を意識します。

 

見た目は悪いですし、リカーブメインの方には絶対におすすめしません
ただ、私がやってみると結構安定するんですよね笑

射型のイメージがコンパウンドと共通なので、やりやすいです。
それに押し手が、コンパウンドで慣れ親しんだ形なので、自然に押せます。
弓もこれくらい重たいほうが安定しました。

1点、引き込みがバラバラにならないか心配でしたが、むしろこっちの方が安定したので良かったです。

 

と、こんな感じです。(トップ画像はセオリー通りの射型です)
70mで650とか660点が出るような射型ではありません。
あくまでも、コンパウンド経験者が(というより私が)短期間で630点を出すための射型です。

今年の滋賀県は選手不足なので、630点をコンスタントに射っていればメンバーに入れるはずです。
あと2週間で何とかまとめ上げて行きたいですね。

“リカーブの射型を見直します” への2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top