【商品レビュー】SANLIDA ATHLETICS 7 ハンドル

今日はSANLIDA(サンリダ)のATHLETICS7ハンドルのレビューをしていきます。
当店での販売価格は28,400円と、ミドルクラスの位置づけになります。
サンリダにはもう一つ「MIRACLE」とうハンドルがありますが、そちらは34,300円ですので、それより少しグレードを下げたモデルですね。

付属品は、各種六角レンチとクリッカープレート、ハンドルカバーになります。

ハンドルカバーは無地の物ですね。

 

まずセンター調整機構は、左右のネジの締め具合で調整するタイプです。
ロック機能は、その左右のネジに搭載されています。
2つのネジが重なる事で、ロックされる仕様です。

そしてリムボルトは、反対側からネジで抑えるだけになっています。
同じサンリダのMIRACLEハンドルは、センター調整のネジと同じように、2本のネジが重なってロックする仕様になっているので、このあたりが値段の差に現れているようです。
緩められるのは、一番締め込んだ位置から2回転なので、緩め過ぎに注意して下さい。

 

もう一つ値段の差と言えるのが、塗装や仕上げでしょう。
MIRACLEはアルミの削り出しで作られていて、表面がギザギザした加工がされています。
それに比べて、ATHLETICS7は鍛造モデルで、塗装はアルマイトです。
とはいってもそれが普通なので、マイナス要素という訳ではありません。

グリップは少し角ばっています。
私は親指の付け根辺りに、角が当たりました。

 

射った感覚はMIRACLEに似ているのですが、それより少し軽いです。
MIRACLEは1290グラムなのに対し、ATHLETICS7は1250グラムですので40グラムの差があります。

そして射った瞬間に大きな振動があります。
その後の収まりは良いのですが、弦音は少し大きめでしょう。

同じサンリダのMIRACLEと比較してしまったので、今回の記事はどうしても否定的な表現になってしまいました。
ですがMIRACLEが良すぎただけで、このATHLETICS7も十分通用するハンドルであるのは間違いありません。(私自身がMIRACLEを気に入ったのもあります笑)

上級モデルと比べると確かに違いはありますが、3万円を切る価格で買えるミドルクラスのハンドルとして考えると、非常に良いものだと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top