【商品レビュー】TOPOINT トリガー リリーサー

今回はTOPOINT(トッポイント)のトリガー式リリーサーのレビューをしていきます。
当店での販売価格は7800ですので、リリーサーとしては結構安めの商品ですね。

コッキングレバーとフックは連動しているタイプなので、コッキングすると同時にフックも閉まります。
連動していないタイプに比べると、セットが簡単です。
フックも完全に閉じるので、Dループにしっかり引っ掛かっていない事による暴発もありません。

射った感覚は、T.R.U.BALLのブレードリリーサーに似ていると感じました。
柔らかく離れていく感じですね。

缶に入っているので、結構高級感のあるパッケージです。

 

付属品は、トリガー圧調整のバネ、4本掛け用の小指掛け、六角レンチ、Dループ用の紐です。
Dループ用の紐は、そんなに長くないので、それを輪っかにしてトリガー圧やトラベルの調整には使えません。

 

トリガー圧の調整は、トリガー上部にある六角ネジで行います。
まず、赤色で囲ったロック用のイモネジを緩め、次に青色で囲ったネジを回します。
ネジを締めると中にあるバネが縮まり、トリガーが重たくなります。

 

また、硬さの違うバネがもう1本付属していますので、それと交換することも出来ます。
手順は、赤のイモネジを緩め、青のネジを取り外します。
すると中からバネが出てくるので、付属品と入れ替えます。

この時に注意していただきたいのが、青のネジを取り外した時に、バネだけでなく、白くて小さなボールも一緒に出てきます。
直径1ミリほどでしょうか。(画像では黄色で囲っていますが、小さいのと台も白いので見えないと思います。)
転がっていったりするので、無くさないようにして下さい

 

トリガーのトラベル調整は、コッキングレバー付近のネジで行います。
赤のイモネジを緩めて、黄色のネジで調整します。
トラベルを短くしすぎると、暴発の恐れがあるので注意して下さい。

 

このリリーサーは基本3本掛けですが、付属のパーツを使えば4本掛けにすることも出来ます。
取り付けは簡単で、付属している小指掛けをネジで止めるだけです。

 

薬指側が異常に湾曲しているのは気になりますが、デザインは悪くないと思います。
色も合計8色の中から選べます。
4本掛けにもできるので、拡張性がありますし、トリガー式リリーサーとしての基本的な機能は全て揃えています。
この機能でこの値段ですので、非常におすすめできるリリーサーです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top