リリーサーの模索

どのリリーサーを使うかは、­コンパウンドアーチャーが悩むポイントですよね。
自分に合ったリリーサーが見つからずに、いくつもリリーサーを買ってしまう方も多いでしょう。

 

私も、コンパウンドを始めてからいくつのリリーサーを試したか数え切れません
今まで試合で使ったことのあるリリーサーを、思い出せる限りリストアップしてみました。
・カーター   ターゲット3+
・カーター   エボリューション+
・カーター   ストラップレス
・カーター   ジャストカズ
・T.R.U BALL  アブソリュート360
・T.R.U BALL  HT
・T.R.U BALL  HBC
・T.R.U BALL  アビス
・TRUGLO    デトネーター
・オリジナル  肘式リリーサー(中指で切るタイプ)
・オリジナル  肘式リリーサー(人差し指で切るタイプ)
・オリジナル  肘式リリーサー(トリガーレスタイプ・3日後の試合で使用予定)

 

5年間で10個以上のリリーサーを使ってきた事になりますね。
練習だけで使った物や、試しで何エンドか射っただけの物を含めると、20個は超えているはずです。

1番長く使ったのは、カーターのターゲット3+か、T.R.U BALLのアブソリュート360だと思います。
HBCは発売当初に購入して、使っては止め、使っては止めを繰り返しているので、合計期間では結構長いかもしれません。

変わり種で言うと、エボリューション+ストラップレスでしょうか。
扱いが難しくて1試合で止めましたが。

 

これだけ試しても、理想のリリーサーには巡り会えていません。
最近は「市販で無ければ自分で作る」という領域まで足を踏み込んでいます笑
それでも満足いく物はできていません。

 

ただ1つ言えるのは、それが楽しいという事です。
いろんなリリーサーを見ているだけで楽しいですし、自分で工夫して作り上げていくのはもっと楽しいですね笑
こういう道具をいじって、あれこれ悩むのもコンパウンドの醍醐味ですね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。