1日休むと3日分後退する!?

タイトルにもありますが、「1日休むと3日分後退する」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これは、練習を1日休んでしまうと、3日分の練習が無駄になり、実力が3日前の状態に逆戻りしてしまうという意
味です。
1日も欠かさずに、毎日継続して練習する事が大切だという言葉ですね。

 

 

ただ、あくまでも練習の大切さを伝えるための言葉であって、本当に毎日欠かさず練習をしなければならないかと言うと、そうではありません。
それどころか、練習のしすぎは逆効果にはならなくても、効率が悪かったりします。

そもそも現実的に考えて毎日欠かさず練習するのは、ほぼ不可能でしょう。
練習環境の整った学生でも、テスト前や学校行事の時など、練習できない日はあります。
一般的な大学生なんかは週に数回の練習というのが一般的でしょうか?
社会人ともなれば週に2回練習できれば多い方で、月に1〜2回しか練習できない人や、試合が練習みたいになっている人も多いでしょう。

本当にこの言葉通りであれば、大学生や社会人なんかは永遠に上達することができませんよね笑
でも実際はこのような少ない練習量でも伸びる選手はいます。

 

 

そういう人たちに共通しているのは、練習の質が高いということでしょう。
練習時間を十分取れていても、適当に射っているだけでは一向に上達しません。
短い時間であっても、自分の課題をしっかり意識して練習することで、上達する確率は高くなるでしょう。

質の高い練習ができていれば、週1や週2の練習でも結果を残すことは可能だと思います。
質を高める方法などは、今後紹介していきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top