レンズの倍率は何がいいのか?(コンパウンド)

コンパウンドの皆さんは、何倍のレンズを使ったら良いのか迷ったことはないでしょうか。
高いほうが良いのか、低いほうがいいのか?
今回はそのあたりについて、私の考えを書いていこうと思います。

 

倍率の選び方ですが、自分の引き尺とスコープに対する的の大きさで決めます。
まずスコープに対して、的がどのくらいの大きさに見えてほしいのかを考えます。
スコープ一杯に的が見えるのか、スコープより一回り小さく的が見えるのか。

それが決まったら自分の引き尺と照らし合わせて、倍率を決めます。
引き尺が長ければ長いほど、的は大きく見えるため、レンズは低い倍率を選ぶ必要があります。
逆に短い人は、的が小さく見えるので、倍率の高いレンズを選んで下さい。

 

 

と、ここまでは分かっている方が多いと思います。
気になるのは、「じゃあ何倍がいいの?」という事ですよね。
引き尺によるので、今回は私と同じ28インチ前後の人で考えます。

 

まず、初心者の人は4倍または6倍を使って下さい。
8倍など、あまり高い倍率を使うと、エイミング時にストレスになりますし、的間違いの原因にもなります。

中級者の人でも、的間違いが多い人は4〜6倍が良いと思います。

そして目安としては、エイミング時にドットが8点より外に動かないというレベルになれば、8倍に上げても大丈夫です。
しょっちゅう7点や青にサイトが動く状態で、8倍を使うとストレスを感じて体がこわばってしまいます。

 

ちなみに、私が使っているのは6倍のレンズです。
なぜ6倍にしているかというと、フィールドでの距離読みがしやすいようにです。

8倍だと、80センチ的で距離が変わっても大きさの違いが認識しづらいんですよね。
距離が5m違うのに、見え方は0.3点分とかしか変わらないので、判別できません。

今はターゲットもそのまま6倍を使っています。

 

次回はNPOのブログを更新します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top