弦を交換するタイミング

みなさんはどのくらいの頻度で弦を交換していますか?

練習量にもよりますが、リカーブなら1ヶ月から3ヶ月コンパウンドなら半年から1年くらいで交換するのをおすすめします。
週に1回とか月に1回しか練習しない人ならもう少し使ってもいいですが。

もしくは弦が毛羽立ってきたり、原糸が1本でも切れたら交換するべきです。

 

ところがおそらくほとんどの選手が、これらの期間より長く弦を使用していると思います。

私もコンパウンドで、最長2年間も同じ弦を使ってしまった事があります笑
ちゃんとワックスを付けて、手入れをしていましたが、さすがに長すぎたと反省しています。

実際、長く使ったとしても、弦が切れたりすることはほとんど無いでしょう。
ですが着実にダメージは蓄積されていますし、毛羽立った弦では最高のパフォーマンスは発揮できません

弦は消耗品です。
道具で言い訳ができないように、適切な期間で交換するようにしましょう!

 

ちなみにアシストアーチェリーではオリジナルの弦を販売しています。
送料込みで1200円と、かなりお求めやすい価格になっています笑

元ナショナルチームの選手にも愛用頂いているので、品質は問題ありません!

長さは1cm単位で指定できます。

原糸はホワイトとブラックの2色です。
現在、商品ページには原糸がブラックのみの記載になっていますので、ホワイトを希望の方は「任意長さ」のところに書いてください。
近日中に修正します。

また、選択肢にないストランド数や、カラーの組み合わせも受け付けます。
そちらも「任意長さ」の欄に記入してください。

オリジナルFIRST FLIGHT STRINGの商品ページはこちら

“弦を交換するタイミング” への2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top